このページの先頭へ

すがも花街道プロジェクトは、庚申塚商栄会と大正大学が連携して、 商店街とキャンパス内に季節の花々を植えて魅力的な街づくりをします。

HOME > > 季節の花 > 2月の花:アリッサム

季節の花

2016.2.1 (mon)

2月の花:アリッサム

b7da736536be203984032e94c21fa6a5_s

花言葉
「美しさに優る値打ち」「優美」「飛躍」「素直」

 

細かい花を密に付け、カーペット状に広がる草花で、花は甘い香りを放ちます。英名のスイート・アリッサムという名前でも広く親しまれています。

本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、高温多湿に弱く夏に枯れてしまうことが多いので、園芸では秋に種を蒔き春に花を楽しむ「秋まき一年草」として扱うのが一般的です。ちなみに春に花を楽しんだ後、枯れずに夏を越すと秋にも花を咲かせます。数年経った株は、株元が木の幹のようになります。

花色は白、赤、紫、ピンクなどのほか、パステルカラー調の園芸品種も知られています。
這うように広がるので、吊り鉢や花壇の前景や縁取りなどに使用されます。絵を描くように様々な花色のものを配してもおもしろいです。

花言葉の「優美」は、春と秋に白い小花をあふれんばかりに咲かせながら芳香を漂わせるようすに由来するといわれています。

豆知識

アリッサムはエディブルフラワーの一つです。
エディブルフラワーとは「edible」=食べられる「flower」=花、のことです。日本では1980 年代後半に紹介されました。ヨーロッパでは食卓の彩りとして日常的に利用されているようです。日本でも菜の花やシソの花あるいは食用キクといった、花を食す文化が見られるので食卓の彩りにいかがでしょうか。

838b0afa23954c1b5ab092f1555128ef_s

 

今月の俺言葉

「美しい」っていうのは小難しい言葉だよな。
周りのやつらに汚ねえだなんだ言われても、それを俺が美しいって言えばそれは俺の中で美しいんだ。だからお前の美しいと思ったものを他人の決め付けで汚れものにしちゃいけねえな。
己の美をとことん追求して初めて「美しさに優る値打ち」がつくってもんよ。

最新投稿