このページの先頭へ

すがも花街道プロジェクトは、庚申塚商栄会と大正大学が連携して、 商店街とキャンパス内に季節の花々を植えて魅力的な街づくりをします。

HOME > 地域 > 歴史と文化

歴史と文化

歴史と文化

「すがも花街道プロジェクト」をやっている、この道は、昔はどうなっていたのだろう…?

「すがも花街道プロジェクト」を実施している庚申塚商栄会の通りは、江戸時代の中山道になるよ。中山道は慶長6年(1601)から7年間で他の4街道(東海道、日光街道、奥州街道、甲州街道)とともに整備された街道で、当初は「中仙道」となっていたけど、享保元年(1716)に「中山道」に改めたんだ。

詳しいね!!

中山道は江戸の日本橋から、板橋、上野、武蔵、信濃、木曽、美濃、近江を経て京三条大橋まで135里32丁(約534km)69宿もあって、東海道とともに都と江戸を結ぶ重要な幹線道路だったんだ。草津宿では東海道と合流していて、東海道よりも40kmも長い道程なんだよ!!
中山道

中山道ってどんな道だったの?

中山道は木曽路をはじめとして、峠道が多く、人馬の往来はとても難しかったんだ。けど、普段の往来が少ないうえに、東海道のように河留めの多い大井川や浜名の渡し、桑名の渡しなどの水による困難がほとんどないことと、氾濫に伴う渋滞も少なかったことから、二条城番、大阪城番、日光例幣使と言った人達が、片道を必ず利用したそうだよ。他にも、将軍へ献上する宇治茶の茶壷道中や、将軍に輿入れの皇女和宮、清河八郎を総大将にした浪士隊も通ったっていう歴史が残されているよ。京都へ向かう東海道が海沿いなら、中山道は、山あいを進んでいくっていう感じだったんだって。

たくさんの人が使っていたんだね。

そして中山道沿いにあるのが庚申塚。ここは都電の駅があるよね。
庚申塚は板橋宿の手前に位置したため多くの旅人がここで休息したそうだよ。

庚申塚から板橋

英泉画「板橋之驛」
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

これは、当時の様子だよ。

たくさん宿があるね!!

日本橋を起点として中山道は神田明神を抜けて、最初の宿場が板橋宿だったんだ。江戸の四宿のひとつで品川宿、内藤新宿、千住宿とともに賑わっていたみたいだね。巣鴨から庚申塚を抜けてから板橋宿の界隈は、江戸六地蔵のひとつが安置された真性寺、とげぬき地蔵で有名な高岩寺、その先の庚申塚、猿田彦神社など歴史的要所が多いんだ。商店街の中心でもあるここ巣鴨の庚申塚は中山道と王子道の交わる所で、かつ板橋宿の一つ手前ということもあって、江戸時代には立場(休憩所)としてすごく賑わっていたんだ。その様子は「江戸名所図会」にも描かれているよ。

さっきの絵だね!!

「江戸名所図会」のなかの茶店の屋根の葭簀(よしず)の上に見える石塔は、庚申塚のいわれを裏付けるものとされていて、現在この石塔は小さな社に鎮座し、その銘文によれば、1657(明暦3)年に造立されたものということになってるよ。

道中の安全を祈願したりしていたのかな?

きっと、そうだろうね。

中山道は長い旅路だったから中には途中で行き倒れた人も少なくなかったみたい。

うん。そのため延命地蔵尊が建てられたんだ。延命地蔵尊には旅の途中で亡くなられた人と馬が祀られていて、毎年8月24日を命日とし供養が行われているんだ。ちなみに王子電車ができる際に現在の場所に移築されたそうだよ!
庚申塚と延命地蔵の画像

ん?ここは何の建物かな?すごく歴史を感じるんだけど…。
庚申塚商栄会「種屋」歴史的建造物

ここは種屋さんだよ。
話は、江戸時代。徳川綱吉が練馬で、尾張から大根の種を取り寄せ百姓に栽培させたら立派な大根が採れたそうなんだ。その大根は(現在の北区にある)滝野川から板橋、練馬と盛んに栽培されていたよ。
また中山道を旅する人は農家の縁側で食事をとったりしてたみたい。その庭先で見かけた見慣れない野菜の種子をほしがる人が多かったため農家の人たちは副業として、種の販売もしていたみたいだよ!

へぇー!!

だから、西巣鴨界隈は種を生業とした店舗が生まれたんだ。中山道で三軒の農家が種を売り始めたことから、三軒家の字名は今でも残っていて、現在でもその1件が当時の面影を残しているっていうわけ。

そうなんだ!!

その後、時代とともに種屋が集まり「種屋街道」と呼ばれるようになった。
そして、この庚申塚から西巣鴨までの街道が「庚申塚商栄会」で、この辺りは「鴨台」と呼ばれて、北原白秋も好んで用いていたんだ。

へぇー!!とても、勉強になったよ!!とても歴史ある道なんだね!!

そう、その歴史ある道に、僕たちは新しい歴史をつくろうとしているんだよ。

最新投稿